1. TOP
  2. 引越し荷物を上手に荷造りするコツ

引越し荷物を上手に荷造りするコツ

荷造りの際に最も苦労するのが、ワレモノだと思います。輸送時には、振動がありますので、しっかり梱包をしませんと、すぐに割れてしまいます。また運んでいる際にダンボールを落としてしまったり、壁にぶつけてしまいましても割れてしまうのです。そして、割れてしまった場合には、お子さんが荷解きをする際に怪我をする恐れもありますので、細心の注意を払いましょう。

次に面倒なのは衣服だと思います。かさばりますし、梱包の仕方によっては、ほつれが生じてしまったりします。今では、ハンガーBOXと呼ばれ、クローゼットの洋服を、そのままBOXにかけるだけで良い方法があります。引き出しの洋服は、引き出しごとにビニールをかけるなどして、新聞紙を上に乗せれば、ホコリが付着することなく済みます。

次に布団です。布団は2つ折か3つ折にして、布団袋に入れる方法がベストです。今では圧縮袋がスーパーなどで数百円で売っていますので、それを利用する方法もオススメだと思います。気をつけなくてはならないのは、貴重品などを布団の中に入れたり、ワレモノを包むという方法をとられる方もいるようですが、引越し業者の方々は布団にワレモノが入っているとは思っていませんので、布団を梱包材として利用することは避けましょう。

そして台所用品です。スプーンやフォークなどは、種類ごとに分けて、輪ゴムなどで縛り、ビニール袋に入れればよろしいと思います。また、しょうゆやみりんなどの調味料はビンに入っている場合が多いので、内容物が漏れないようにすることが大切です。従って、まずはビンのふたをしっかり閉めて、個別にビニール袋に入れるとよろしいです。そして、胴体部分には新聞紙などを巻きつけます。そうすることによりビン同士がぶつかって割れを防ぐこともできます。

引越し荷物リストを作成しましょう!

引越しを円滑に行うために、引越しの荷物リストを作成されるとよろしいと思います。リストを作るなど面倒と思いがちですが、逆にリストを作っておきますと、効率的に引越しの準備ができます。引越し業者に当日作業をお願いする方もご自身で対応する場合も、荷物の紛失を起こす可能性は避けられません。荷物リストがなければチェックのしようもないですし、チェックが適当になり、結果、紛失を起こしたり、どこにしまいこんだかわからないなどの困った状況を避けられるはずです。

荷物リストを作成する手順としましては、思い浮かぶ全ての物をできるだけ細かく書き出すこと、メモ用紙は利用しないことです。メモ用紙ですと、どこかになくしてしまう可能性もありますので、必ずノートを作成して書き出しましょう。家の中の物を細かく書き出すということは、とても面倒です。

しかし、コツさえつかんでしまえば、スラスラと書き出せるはずです。そして書き出すことによって、家の中に何があり、不用品も見つかると思います。リストを作る際のコツは、台所、衣類、家具、本、風呂などの大項目を決めて、たとえば台所であれば、中項目として調理器具や冷蔵庫の中身、食器などと洗い出していくのです。そして、誰が対応するのか?いつまでに対応するのか?荷造りの材料で必要なもの、新居の設置場所などを明確にしておくのです。この対応をしておけば、引越し業者の方の作業もスムーズに進むと思われますし、ご自身もリストを見れば全ての情報を理解できるので、とても便利です。

荷造りする時間がない人は梱包サービスの利用も視野に入れて!

1-12

私も一度利用したことがある荷造り・梱包サービス、各業者によってその呼び名というかサービス名称が違うのですが一般的にはフルパックとかおまかせパックとからくらくパックなどという名称でサービス提供がされています。

通常の引越しの場合は荷造りは自分で行なって、大きなものは業者さんが梱包してくれる、そして荷物を搬出してもらって新居へ搬入してもらう、大きな家具などは配置してもらう、その後はダンボールを自分で解いてというのが一般的な流れですよね。この普通は自分で行わなければならない部分も業者さんがやってくれるのがフルパックなどと呼ばれるサービスなのです。

梱包部隊が送り込まれてくるので人件費の分が引越し費用にプラスはされてしまうのは当然ですので、予算との関係で利用するかしないかは判断ということになりますが。。。私の場合、仕事が忙しくてまったく準備をする時間を確保できる目処が立たなかったことがあるのです。それでタイム・イズ・マネーだと割り切ることにして梱包をお願いしたのです。(荷解きは自分で行うことにしました)。

まあ、とにかくこの楽チンさといったらなかったですね。その時はアート引越センターに頼んだんだと思いますが(よく覚えていない)、引越し専用に作られたダンボール(エコ楽ボックスかな?)などが持ち込まれて食器や靴などが実にサクサクと荷造りされてゆくのですね。私はただそれを眺めているだけなのでした。引越しがあまりないと言われている暇な時期に頼んだからなのでしょうけれど、料金も別に高いという記憶もありませんでした。それでいて梱包もしてもらえるのですから、これはもう、本当に凄いサービスだ!と感動すらおぼえましたね。

まあ、このサービスを3月とか4月とかの忙しい時期に頼むと、きっとそれなりの価格にはなってしまうのでしょうけれど、暇といわれる時期(たとえば6月とか11月とか)に引越しをする場合には利用してもそれほどの費用は掛からないんじゃないかな?と思うんです。とにかく一度、利用した人はその楽さに驚きますよね。引越しは面倒というイメージすら変わってくるような画期的なサービスかもしれませんね。

\ SNSでシェアしよう! /

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ポジティブ・シンキングが必要!引越しの意外なメリットは整理整頓ができること!

  • 引越しで気をつけるべきこと・大変なこと

  • 荷造りに必要な梱包資材