1. TOP
  2. 引越し業者にお願いする時は相場を確認しましょう!

引越し業者にお願いする時は相場を確認しましょう!

引越しをする時に注意をする点の一つとしまして、引越し業者にお願いをする時です。その時に重要なこととしまして、必ず複数の業者から見積もりを依頼することです。依頼することによって相場がわかってきます。また、荷物の多い人は現地で見積もりを依頼したほうが無難です。その理由としまして、インターネットなどを利用して一括で見積もりを依頼すると大体の相場はわかってきますが、引越しの日にトラックに入りきれない確率が出てくるためです。

また注意をしなければならない点としまして、追加料金が発生する可能性があることです。あくまでも相場は、トラブルが起きない前提で見積もりを出しています。そのため渋滞で予定時間を超えてしまったり、想定外のトラブルが発生した時には追加料金がかかってしまう可能性があります。そうなりますと安い引越しをした意味がなくなってしまうため、必ず追加料金がかからないか確認をする必要があります。

その時に見積もりを依頼した人は担当者の名前が書いてあるため、もし分からないことがあればその人に聞いたり、サービスの内容や値引きをした金額をしっかり明記してある見積書を作成してもらいますとトラブルになる確率が低くなりますが、一括で見積もりを依頼した時や電話で見積もりを聞いた時には、あとでトラブルになる可能性があるため必ず電話に出た人の名前を聞いておく必要があります。

このように引越し業者にお願いをする時には、追加料金がかかってしまったことにより相場を上回る可能性があるため、いろいろと聞いておく必要があると言えます。

引越し業者のトラックの大きさ

引越しをする時に注意をしなければならない点としましてトラックの大きさです。大きさは引越し業者によって変わってきますのでどのトラックで引越しを行うか確認がする必要があります。確認をする事によって安い引越しができる場合があります。

トラックの種類としまして、まずは荷物が非常に少ない人に向いている軽トラックです。荷台の広さは約1.5畳の大きさです。そのためベットやドラム式の洗濯機、折りたたむことができない机、エアコンなどがある人は避けた方が無難です。また実家を出て始めて一人で暮らす人や、ほとんど家具や家電がない人には最適な方法です。

次に1トンから2トンのトラックの大きさです。広さは約3畳の大きさです。そのため、一人暮らしをしている人には最適な方法です。

次に3トントラックの大きさです。広さは約4.5畳の大きさです。荷台の高さが2メートルあるため家具や家電、机、本棚などが楽に入れる大きさとなっています。そのため単身者でも家具や家電などがほとんど揃っていて荷物が多い人や、夫婦など二人で引越しをする人には最適な方法です。

最後に4トントラックの大きさです。広さが約8畳の大きさです。そのため3人以上で住んでいる人や、学校に行っている子供がいる家庭では最適な方法です。注意をしなければならない点としまして、トラックがかなり大きいため狭い道などがある場合は通れない事があります。その時には2トントラック2台で来る必要があるため値段が変わってくる場合があります。

このように業者によってトラックの大きさが変わってくるため、大きさを事前に知っておくことによって安い引越しができる場合があると言えます。

引越し業者のスタッフの人数

安い引越しをする時の一つの目安としまして、引越しの当日に来るスタッフの人数です。例えば一人暮らしの引越しの場合、一人で来ることが多いです。

次に二人暮らしをしているや、小学校の子供が二人いる家庭です。その時には二人で来ることが多いです。

次に家族が三人以上いる家庭です。その時には三人で来ることが多いです。

荷物が多い時や業者の都合で時間を短縮しなければならない時には二人で来る場合があります。

その時に注意をしなければならない点としまして、予定人数より多く来る場合です。その時には金額が高くなる可能性がありますので注意が必要です。そのため、荷物の搬入や搬出を手伝う事を業者に伝える事によって人件費を減らすことができることができるため安い引越しができる場合があります。

その他の方法としまして、荷物の一部を自分自身が所有している自動車やレンタカーを借りて運ぶ方法があります。そうすることによって作業員の人数を減らすことができるため安い引越しができます。

また部屋の整理や清掃、引越しをする時の梱包作業の手伝い、電気関係の工事をする時などのオプションを付ける時には、引越し業者の都合でスタッフの人数を増やさなければならない可能性があります。その時には追加料金がかかるため注意をする必要があります。

また輸送方法も、鉄道会社が使用しているコンテナ便や飛行機など使用した時にもスタッフの人数が増えます。そのため追加料金がかかるので注意が必要です。

このように引越しをする時には自分自身で手伝いなどをすることによって人件費を減らすことができるため安い引越しができるのであると言えます。

引越し業者の作業内容

引越しをする時に気になる点の一つとしまして作業の内容です。内容によって料金が大きく変わってきます。

例えば小物や食器などを自分自身でダンボールなどに入れる場合は、作業員の人数と移動距離だけで済むため安い引越しができますが、これを作業員が行った場合、作業員を増やさなければならないため料金が高くなります。このように自分自身で行えることを当日来た作業員が行うことによって料金が高くなってしまうため、できるだけ自分自身で作業をすることによって安い引越しができます。

もう一つ料金が変わる恐れがある点としまして、引越し業者がお話していた内容と実際に行う内容が異なる時です。引越しをお願いする時に、最初に打ち合わせをして見積もりを出してもらいます。その時に作成した見積書の内容が明確に書いていない時は注意が必要です。

その理由としまして、引越しの当日に実際の作業内容と異なってしまいトラブルになるケースがあります。トラブルの内容としまして、物が壊れた時などの保証の内容や、物を梱包する人などです。それらのトラブルを回避する方法としまして、引越し業者が用意しているパンフレットをじっくりと読む事や、業者の人が作成した見積書の内容をしっかり記入してもらうことです。もしそれらのことが不可能な時には、実際に聞いた事をメモに書いて残しておく事によってトラブルを未然に防ぐ事ができます。メモを書いた時には必ず証言をした人の名前と日時も記入しておきますとトラブルになる確率が低くなるため、安い引越しができます。

このように作業内容を事前に書面などに残しておくことによって安い引越しができるのであると言えます。

価格はどのように決まるのか

皆様、子供の頃積み木遊びをしたことはありませんか。様々な形の物を積み重ねて、家を作ったりしましたよね。

引越しの価格の決まり方は例えて言えばそんな塩梅で決まります。基本の料金があってそこにオプションサービスの価格や早朝、深夜等の時間加算が加えられて、概算が出るのです。多くの業者では、基本料金は積荷の容積に走行距離をかけて導き出されます。

ただ、業者によっては、タクシーの様にかかる時間によって加算をするところもありますので注意が必要です。引越し業者の多くは午前、午後と申し込みの時間帯を分けていますが、午後便は前の依頼案件の時間かずれ込むことがあり、作業終了の時間が分からないことが多いため、ちょっとお安めになります。

しかし、これは、次の日に何の予定もない、遅くなってもいいという方向きです。筆者の知人に待っても、待っても業者が来なかったという人がいますので。他に安くなる要素としては、平日、冬特に1月、縁起の悪い日とされている仏滅、三隣亡等があります。

そういえば、皆様、ご自分が今住んでいるところと、新居の引越し日近辺の交通情報はご確認済みですか。混む、混まない程度でもよいので、昨年、一昨年の情報をみておいてください。もし、混むかもなと思った場合、その土地柄をよく知っていて、小回りのきく車両を持っている業者を選ぶことをお勧めします。機転がきく業者なら迂回路を使って輸送を行ってくれるからです。特に京都などは路地が複雑なので、土地付きの業者の方が話が早いかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 3月の引っ越しでは高い繁忙期料金相場に注意を!

  • 東京⇔大阪の単身引越しの時に注意するべきこと