1. TOP
  2. 荷造りに必要な梱包資材

荷造りに必要な梱包資材

自分で梱包作業を行う場合にはダンボールを自分で用意しなければなりません。

実家から入学や就職で引越しをする人であれば、たいていの家にはそれなりにダンボールがあると思います(みかん箱や通販で家電を購入した時の箱など)ので、まあ何とかなるとは思います。

ちょっと困ったな~と考えている人は一人暮らしをしている人でしょう。特にワンルームマンションなどに入居している人の場合には収納が完備されていない部屋も多いために前回、引っ越してきた時に使ったダンボールは処分をしてしまっているということもあるでしょう。

なので新たにダンボールを調達しなければなりませんね。

引越しの梱包にはなんといってもダンボールが必要になります。

でも大丈夫、近所のスーパーやコンビニなどに頼めば貰えたりします。コンビニによっては地域のダンボール廃棄の収集場となっていることもあります。私の地域であればセイコーマートがそうなんですが、朝に収集してもらうために持ってゆきます。ですので近所にそういうコンビニがあれば、そこへ行って程度の良さそうなダンボールを貰うのも手です。

そういうことが嫌いな場合は、ホームセンターなどに行って購入しましょう。10枚セットなどが売っていると思います。後、私が調べたところではアマゾンにも売っていました。価格は10枚セットで2300円くらいだったと思います。なので楽天とかでも売っていると思いますのでネットで調べてみることをオススメします。

上に書いたのは自分で調達する場合ですが、引越しを業者に頼んだ場合にはダンボールは無料でくれるところがほとんどです。無制限ではありませんが上限50枚とかになっていると思います。それ以上の数が必要な場合には有料となるようですので業者さんを利用する場合には尋ねてみましょう。

私の経験ですが、市内引越しをする時に赤帽さんに頼んだのですが、その時に赤帽さんでも衣装ケースのようなダンボールを何個か貸してくれました。荷物を新居に搬入した後、引き取りが面倒なのかどうか「使ってください」ということで貰ってしまいました^^

プチプチ エアキャップ【緩衝材】

緩衝材と書くとなんだか堅い感じがしますが、プチプチと書くと「あ~アレ」って感じになりますかね。

宅配便とかを頼むと衝撃吸収のために入っているビニールのあれです。暇な時は文字通りプチプチと潰すのが楽しいアレ、緩衝材として非常に広く利用されていますよね。もちろん引越しの時にも大きな見方になってくれます。正しい名称はエアキャップって言うのでしょうかね。プチプチ ロールの方が一般的かもしれません。このプチプチエアキャップはホームセンターでも売っていますので入手は簡単です。アマゾンなどの通販でも売っています。

サイズはメーカーによってマチマチのようです。900mm×10mのもので1,442円のものがアマゾンにありましたが意外にも安いんですね。それだけ大量に製造されているものなのでしょう。用途は引越しだけではなくて広いでしょうからね。

食器などの割れ物やCD、DVDなどの傷のつきやすいものの梱包には、このプチプチがあると大変便利なのは間違いなしですね。大粒プチプチというのもあって、これは大き目なんでしょうね。幅400mm×巻10Mのもので1,750円です。通常の大きさのものと大粒のもの2通りを購入してもそれほどの金額ではないですね。パソコンやゲームなどの梱包にも使えますね。そして余ったプチプチロールが引越しが終わって邪魔になるのなら引越し業者の人に差し上げても良いと思います。

引越し荷物を上手に荷造りするコツ

エコ楽ボックス

これを利用したことがある人はちょっと感動しませんでしたか?。エコ楽ボックスは引越し業者の最大手であるアート引越センターが開発したもの(らしい)でアートを利用すると無料で貸し出されるのですが、引越しに限らず収納の時なんかにも便利なんですよね。

エコ楽ボックスがどういうものか、知らない人のためにザックリと説明をすると、食器や茶碗の梱包って普通の人なら新聞紙で丸めて保護をするじゃないですか。ところがエコ楽ボックスはダンボール(の綺麗な箱)に間仕切りが付いているのですね。この間仕切りは緩衝材になっているので、食器やお皿をそのまま入れることができるのです。通常時は畳めるようになっているのですね。エコの名の通り反復資材を使っていることと、梱包の際にガムテープなども不要なので簡単にしまえるんです。これはアート引越センターの特許製品だと思いましたが、かなりの優れものなのです。

アート引越センターに引越しを頼む人は使えるので問題はないのですが、自分で梱包をする場合にエコ楽ボックスを使うにはどうするかなんですが、類似品をホームセンターなどで探すしかないでしょうかね。。

エコ楽ボックスは食器などを収納しやすいものですが、同様にエコ楽シューズケースといって靴をそのまましまえるボックスもアートにはあります。このシューズケースも引越しに便利なのはもちろん、普段でも収納に力を発揮するもの。これもホームセンターなどで類似品があれば用意しておくと梱包がとても楽になること間違いなしです。

\ SNSでシェアしよう! /

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ポジティブ・シンキングが必要!引越しの意外なメリットは整理整頓ができること!

  • 引越しで気をつけるべきこと・大変なこと

  • 引越し荷物を上手に荷造りするコツ