1. TOP
  2. 3月の引っ越しでは高い繁忙期料金相場に注意を!

3月の引っ越しでは高い繁忙期料金相場に注意を!

3月は最も引越しが頻繁に行われます。特に日本の首都・東京、関西の大都市・大阪に住む人が一気に増えます。誰もが引越しをしなければならないという事情があるのですね、進学だったり就職だったり。これは他の月とは違います。たんなる暮らし換えのようなライフスタイルを飾るための引越しではなく、生活を賭けた行事とも言えるのです。そうなるとウカウカとはしていられません。のんびりとしているとどこの業者も予約でいっぱい、空いているのは聞いたこともない悪徳業者、、、なんてこともあるかもしれません。

引越し費用の相場を知るにはどうしたら良い?

暇な時には安く、混んでいる時には高い、これがあからさまに反映されるのが引っ越し業者の価格なんです。

宅配便とか宅急便などは料金が決まっているので、多くの人が引っ越しも同じようなイメージを持っているんじゃないかと思いますが、実は違うんですね。

物流が多くなる12月には、どんなに荷物量が多くなっても宅配便が値上げするというのは聞いたことがありませんよね?

ところが、、、引っ越し業界は違うんですね。値上げするんです。

引っ越しが集中するのは卒業と入学、就職や転勤の3月から4月上旬にかけての春の季節ですが、この時期はどこの業者も値上げをするんです。その理由は臨時のアルバイトを大量に雇ったり、トラックを手配して仕事をさばくのでそういったコストが費用に上乗せされるからということですが、ただもしかすると業界的な慣習のようなものもあるのかもしれません。

また、引っ越し料金は季節だけではなくて、日にちでも変わります。有名なサービスでは日通のワンルームパックというのをご存知でしょうか。平日は29,800円ですが土日と休日は34,800円に上限金額がアップします。

どうしても引っ越しという性質上、ある時期やある日に激しく集中することが避けられないために、業者の方としても価格調整をせざるを得ないというのが実情なのかもしれません。

そして、それぞれの引っ越しの荷物量と距離に合わせて、どのようなスタッフ人数、トラックの種類、フリー便や混載便などなど、各業者によって提案する引っ越しの形態が様々に違いますから、そこに業者間で費用の差が生まれます(本当に激しく違うことがあります。私の経験では長距離でしたが高い業者と安い業者では20万円も違ったことがあります!)。

ですので、もし少しでも費用を抑えたいと思うのであれば、見積もり一括サービスを利用して業者の価格を比べてみることが必要になります。

この見積もり一括請求サービスはテレビCMでも放送されるようになりメジャーになってきましたが、まだまだ知らない方も多いと思います。

利用は無料です。誰でも簡単に各業者の見積もりを取れて、見比べることができるので損をすることがなくなります。とても良いサービスですよ。

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方

近年は2月くらいから引越し業者が繁忙期になっている

引越しの時期と言えば、3・4月の就職・進学・異動時期が一つの需要期でしたが、最近では2月ぐらいから引越しの需要が高まっています。この背景にあるのはネットの存在です。住まい探しも、引越し料金の相場もインターネットを活用するケースが増えるにつれ、引越しのタイミングも早まっています。

3月の引越し料金の相場については、今はネットで引越し会社を一括して見積もりを請求することができるため、昔とは違って相場を自分で知ることができて比較検討の良い材料になります。

そこから自分の希望条件に合った会社を絞り込み、メールで詳細をやりとりしながら最終的に1社に絞るカタチが一般的です。

引越しは繁忙期と通常期で大きく料金が変わってきますが、これは需要と供給の関係、そして人手に掛かる料金が増えることも一つの要因です。

予約に関しては1ヵ月前から引越し料金の相場のチェックで絞り込んだ会社と取ることをおすすめします。土日や祝日よりも平日、時間帯も指定なしで予約を取ると、安く抑えることができます。単身者の引っ越しの場合なら千円単位、ファミリーでの引越しのケースなら万単位で変わってくることもあります。

繁忙期はアルバイトを大量に動員することもあり、サービスの質、関わる作業員によってもクオリティが変わることもあり、特に精密機械、パソコンやピアノなどの移動には会社の対応や追加料金についてもチェックする必要があります。最近では住まいの仲介会社と引越し会社がタイアップするケースも多く、割引制度を実施しているところもあります。できるだけ安く引越し料金を抑えたい方にはこのタイアップの活用も一つの方法です。

早期予約をして業者を確保

この時期ですから繁忙期と言われる3月を考えてみると、この月に引越しをするとなるとまずは引越し会社の確保をまずは第一に考えなくてはいけません。

引越し会社の確保をしないかぎりはいくら引越しだと騒いでいても引越しをすることすらできないからです。

学生の場合の引越しであるとか新しく大学生になる人の下宿先への引越しであれば、ある程度引越し会社の都合に合わせて引越しする日を決めることができます。極端にいえば3月はいつでも空いているわけですから、引越し会社の指定する日であればいつでもいいということにもなるでしょう。

しかし社会人になるとそういうわけにもいきません。普通に仕事をしているのであれば休みは土日しか取れないからです。ですから必然的に引越し日は土日を指定することになると思いますが、まずは3月の土日は割増料金になることは避けられません。

ですから異動などで引っ越さなければならないとわかったら即座に引越し日を決めて引越し会社の確保に奔走しなくてはいけないのです。早期に予約することができたら早期予約割引が受けられます。引越し費用を安く抑えるための条件としてはとてもいい割引なのです。

もちろん1社だけではなく2社以上で見積もりを取りたいところですが、それほど悠長にしていられてにというのも事実なのです。肝心なのは少しでも早く引越し日を決めて少しでも早く引越し会社を確保することに動いたほうがいいということなのです。
大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方

3月は大混雑 最後の手段はキャンセル待ち

3月は一年のうちで最も引越しの多い月です。ということは引越し会社にとってもかき入れ時ということになるのですが、それは数をこなさなければ売上げとしては上がりません。ですからどれだけ回転率を上げるかが勝負となるのです。

しかし、どれだけ回転率をあげても限界がありますし、次から次へとくる引越しの問い合わせに全て応えることはできません。引越しをする側としては、断わられることも多々あるということです。

ですから、引越しが決まったら少しでも早く引越し会社を決めて連絡しなくてはいけません。連絡するときに決めなくてはいけないことは引越しする日であることはいうまでもありません。時間が自由になる学生ならいつでもいいかもしれませんが、社会人となるとそういうわけにはいかないのです。できれば土日がいいでしょうし、それができなければ期日を指定してその日は会社を休むといった手続きが必要となるのです。

しかし事が思うように運ばないことはよくあることです。この場合は引越し会社の確保が出来なかった場合を考えてみましょう。引越し会社が確保できなければもはや引越し費用云々は度外視しなくてはいけません。

一番期待がもてるのはキャンセル待ちを狙うのです。引越しをする場合は早くから予約をしているところが多いですから当月になれば状況が変わりキャンセルするところも多いのです。キャンセル待ちの場合は期日指定ができるわけではありませんが、それもまた仕方のないことなのです。

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方

3月の引越しをトラブルなく行うためには早期に予約をして業者を確保しておくのが一番でしょう。そのためにも一手先を考えて準備をしなければなりません。賃貸マンションやアパートを借りたり、各種手続きをしたりとやることは山積みですが、チェックリストなどを作成して漏れがないように一つ一つを確実にこなしてゆきましょう。新生活はもうすぐそこなのですからね。

\ SNSでシェアしよう! /

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪⇔東京 引越し費用の相場と安い業者の探し方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越し業者にお願いする時は相場を確認しましょう!

  • 東京⇔大阪の単身引越しの時に注意するべきこと