1. TOP
  2. 大阪・東京間の引越し費用の相場は?

大阪・東京間の引越し費用の相場は?

引越しは何も考えずに知っている引っ越し専門業者に頼んでしまうと、単身引越しでも数万円は損をしてしまうことがあります。

これから大阪と東京間を引っ越される方、ほんの数分間、以下の内容に目を通していただければ損をすることがなくなりますのでぜひご覧ください。

引っ越しの時期で価格が違うことをご存知ですか?

東京⇔大阪間の引越し料金の相場については、まず季節により違いがあることを理解しておきましょう。

20289d0a87e2002aeed8d4b5ec4a8de0

日本の場合は、卒業と入学、就職と転勤が春に集中してしまいます。大袈裟に言えば民族大移動の時期(大げさ過ぎますね^^;)、この時期の引越し業者は従業員はもちろんのこと、トラックなども足りなくなるほどの大賑わいとなります。臨時のアルバイトを雇用して、たくさんの仕事を朝早くから夜遅くまで行います。

一般的な私たちの常識から言えば「安い労働力を使って、たくさんの仕事があるのだから、安くなるんじゃないの?」って思いますよね。でも引越し業界って違うんですね。この一年中で最も忙しい時期に料金を高く設定するのです。

よくわかりませんが、一種のご祝儀相場?と言っても良いのかもしれません。

そして、この春の引っ越し集中期というのは、他の季節と違って、入学や就職、転勤など、どうしても新しいところへ引っ越さなければならない人たちが顧客なわけです。多少、高くたって新天地へ向かわなければならない事情のある人が大半なのです。

少しばかり高いからと言って断る人はいません。いや、むしろ「混んでいて引っ越せない」なんてことになる恐怖だってあるのですからね。

まあ、そんな顧客の足元を見ているのかどうか、ほとんどの引越し業者では混雑時(季節だけではなく、週末・祝日などでも)には価格を高く設定するのですね~。

東京⇔大阪間の引っ越しもまた然りです。たまにネットでの口コミをみていると、とある大手会社では春に2倍くらいの料金設定になるなんてことを口コミ情報でみることもありますが、、、一般的には1.3倍程度の値上げにはなるそうです。10万円が13万円になるということですね!

ですので、引っ越しすることが決まっているのでしたら、極力、混雑する時期や日を避けるようにするのが懸命です。消費増税どころの騒ぎではありません。。。

まず知りたい!東京―大阪間の引越し料金

引越し料金は、先に書いたように季節による違いも大きいですが…。

他にも、引越し人数荷物の量によって値段は大きく異なる上、各業者が決める基本料金と移動距離(東京―大阪間でいえば約410km)、高速道路の使用有無やオプションサービス(清掃やエアコン取付等)の利用有無などが重要になってきます。

仮に、春の繁忙期の引越しを避けることが出来たとします。

その場合、引越し代は大体いくらくらいかかるのでしょうか?

一人世帯:5万~10万円
二人世帯:10万~20万円
三人世帯:15万~35万円

42f17b9078b77593d57427289a5cf0de

これはおおよその目安ですが如何でしょうか?もしこれが繁忙期であった場合、更に高額な料金をとられるので本当に大変です。

特に二人世帯以上の引越しの場合、10万円を切るのはなかなか難しいのではないでしょうか。(もちろん荷物が通常の世帯に比べて多ければ、上記の相場よりも高い代金が請求されます)。

10万円…この不況の世の中、結構な大金ですよね><

それでは、可能な限り出費を抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。

【無料一括見積サイト】で安い業者を素早く決定♪

出費を抑えるためには、値段を安くしてくれる業者を探さなくてはなりません。
とはいえ…2013年秋の時点で、引越し業者の数は日本全国に170社以上もあるそうです。
この中から、たった1社を選ぶにはどうしたらいいの~~~!?と頭を抱えたくなりますね^^;

そこで!  無 料 一 括 見 積 サ イ ト を利用するのですっ*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。

それは何かといいますと!

・必要事項を入力し送信すると、複数の業者から見積もりが来る!
・インターネットなので24時間受付!
・5~10社の業者を自動的にピックアップしてくれる!

という、とっても便利なサイトなのです♪

df7ce383e720b480b1064f7f6449889a
勿論、あくまでも見積もりが届くだけなので、最終的な選択は引越ししたい本人が行うことになります。

5社~10社から届いた見積もりをよ~~~く見て、まずは料金の安い2~3社をピックアップしましょう。

そして訪問見積もりを依頼し、正確な見積もり金額を出してもらうという流れになります。

このとき、値段が安くならないか?と交渉してみましょう!

「ダメです」と言われたら、「他社さんにも見積もり依頼しましたら、もっと安かったですよ?」と返すと、意外と交渉に応じてくれる業者もあります。

これで、従来よりも早く確実に、自分の納得いく引越し業者を決定することができますよ(^∀^)

実際に利用してみた!【無料一括見積サイト】ってベンリ☆

上記の説明では、もしかしたらピンとこないかもしれません。
そこで、実施にどれくらい便利なのか試してみました!

【手順1】無料一括見積もりサイトにアクセス!

まずは、以下のバナーからサイトにアクセスします。

206408069e0ab44386be31db0ac75fb4

8c3f27171ec7413c259c1a98f00594d2

【手順2】入力フォームに必要事項を入力!

引越し人数、転居前住所、転居先住所、引越し予定日、荷物の量(判明している範囲内で構いませんが、見積額に関わってくるので、極力詳細に書いた方が良いです)、引越し先の住居タイプ(マンション・アパート・一軒家等)を入力します。

【手順3】間違いがないか確認して、送信!

間違いがあると後々訂正が大変なので、送信前によく見直しましょう^^

8c50689db0575453c6531e376ba0d089
ここまでが、見積もり依頼を複数の引越し会社に依頼する一連の流れになります。

後は、引越し会社から連絡が来るのを待つだけ!

入力は少々時間がかかるかもしれませんが、違う引越し会社に荷物のことを何度も何度も詳細に連絡するよりはよほど楽です。

引越し会社から連絡が来るまで1~2日ほどかかります。
だいたい5~10社から来るので、まずは全ての業者から見積もりが出てくるのを待ちましょう。

私(単身者・荷物の量少な目・引越し先はマンション・繁忙期以外に引越し)が試した結果、見積もりは6社から届きました。

料金の安さ順に並べるとこのようになりました。

<1位>A社(中堅) 56,800円

<2位>X社(小規模) 66,000円

<3位>E社(中堅) 80,000円

<4位>Q社(有名大手) 85,000円
<5位>B社(中堅) 100,000円
<6位>S社(有名大手) 130,000円

いかがでしょうか?1位と6位では、実に半額近い差が出たのです!!!

勿論、ここから先の交渉次第で、もっともっと安くなる可能性があります。
が、「交渉なんてめんどくさい!」という方は、サクッっと1位の業者に決めてしまっても良いのではないでしょうか。

安い引越し業者を早く!ラクに!確実に!探したい方は、【無料一括見積サイト】を要Checkデス☆^∇゜)

37963f516245a6e225e6f544a18e04eb

大阪⇔東京間の引越しで自分だけ損をしたくないのなら!
引越し侍公式サイトへ >>> Click!!

 

 

 

 

業者を競わせてみることも頭の片隅に入れておきましょう
今や引越し業者は数え切れないほどあります。そのなかからすぐに1社に絞るというのはかなり厳しいことです。なかには、「ここの引越し業者が有名だから、ここにしよう」と最初から引越し業者を決めている人もいるかもしれません。もちろん、その引越し業者しか信用していない、いろいろな引越し業者を試したけど、ココが一番いいから、という人もいるかもしれませんので、それはそれで良い選択でもあります。ですが、もしも1社に決まっていない、という人、できるだけ安く引越しをしたいという人は、何も1社に絞らず、複数の引越し業者から見積もりを取るといいでしょう。

複数の引越し業者から見積もりを取り、その中で最も安い引越し業者に予約をするのもいいですが、せっかく複数の引越し業者に見積もりを取ったのですから、さらにお得にするには、それらの引越し業者を競わせるといいでしょう。「単身引越しパックは一定の額だから、値引き交渉は意味がないのでは?」と思うかもしれません。もちろん、定額のため金額を値引きすることはできないかもしれません。ですが、その他のサービスでお得になることもあるのです。例えば有料のダンボールを無料にしてくれたり、場合によっては安いパックにしてくれる可能性もあります。

また、引越し業者によっては定額ではない単身向けのプランもあります。一般的にはパックよりも高いかもしれませんが、他社の単身引越しパックを引き合いにだせば、それ相応の値引きをしてくれるかもしれないのです。もちろん、まったく金額もサービスも変わらないということもありますが、やってみる価値はあるでしょう。

 

 

東京⇔大阪間の単身引越し 何でもかんでも単身パック?それでは損をしてしまうかも!?

このところ知名度がアップした感のある単身パック。単身引っ越し用のプランは、各業者それぞれで独自の名称が付けられて用意されています。

有名なところでは日通の「ワンルームパック」「単身パック」、クロネコヤマトの「単身引越しサービス」などがあります。

単身パックの基本的な仕組みは、規格が決まった専用のボックス1基でいくら、というものです。利用者はその定形の箱の中に詰め込めるだけの荷物を詰め込むことになります。ところがこの箱はそれほど大きなものではなく、基本的には押入れ一段分程度の容量となります。

せいぜい中型程度の冷蔵庫、テレビなどの家電数個とダンボール5箱程度と小物が少々、という程度の荷物量が収まる程度。一見、安い価格に見える単身パックですが、荷物が超過してしまえば、たちどころにそのメリットは失われ、通常の引越しと何ら変わりないかもしれない費用が発生してしまうことも珍しくありません。

ですのでひとり暮らしを既にしている人であれば、それなりの生活材に囲まれているわけですから、利用の際には荷物量をしっかりと見積もることが大切となります。なんでもかんでもプランを利用すれば良いというものではないということに注意をするべきであると思います。

単身パックの最大の欠点! それは荷物オーバー

単身引越しパックを利用する際の注意点として、荷物の量、大きさがあります。単身引越しパックがリーズナブルな料金になっているのは、あくまで規定の大きさの範囲内に限ります。

もちろん、通常の引越し(ファミリーなど)でも、荷物の量が増えれば増えるほど、引越し料金はどんどんアップしていきます。ですが、たいていはダンボールが1、2個増えた程度、または、テレビのサイズが16インチから32インチになっても、引越し料金はアップしないことがほとんどです。

ですが、単身引越しパックを利用した場合、少しでもオーバーすると、ワンサイズ上のパックになってしまったり、引越し業者によってはパック・プランの対象外となり、通常の引越しになってしまったりするのです。

普通の引越しと変わらないような荷物の量であれば仕方がありませんが、ほんの少しパックの規定よりも荷物量が増えてしまっただけで利用出来なくなってしまっては、せっかく格安で引越しができるのにもったいありません。

そうならないためにも、まずは自分の荷物の量をしっかり確認しましょう。その上で、荷物の量にぴったり合うプランの引越し業者を見つけましょう。もしくは、ほんの少しだけ荷物の量がオーバーしてしまいそうだ、という時にはワンランク上のサイズにならないよう、不要な荷物を処分したりするのもいいかもしれません。また、もし自分が東京または大阪の引越し先まで移動する際に持って行けるようであれば、オーバーする分だけの荷物は自分で持って行くようにしても良いかもしれません。

サカイやアートは荷物を見積もりジャストサイズで運んでくれます!

ot-1

単身パックというとCMでお馴染みとなった日通のワンルームパックや単身パック、クロネコヤマトの単身引越しサービスを思い浮かべる方も多いと思います。この2社の単身パックは専用ボックスを使うもので、荷物オーバーには気をつけなくてはいけない代表格です。

日通のワンルームパックは【近距離専用】のため大阪と東京間の引っ越しでは利用出来ません。

このタイプは運ぶ専用ボックスのサイズが決まっているので、それに合わせて荷物量を調整しなければなりません。

荷物がオーバーすれば、専用ボックスが追加となり、倍の費用が掛かってしまうこともあります。

一方で大手引越し業者では各社、単身プランを用意していますが、荷物を見積もってジャストな運搬をしてくれる業者も多いのです。その代表的な業者としてサカイ引越センターやアート引越センターの単身プランが挙げられます。

こちらのタイプはあなたの荷物量にトラック等の運搬方法を合わせてくれるタイプです。

どちらがお得かは、あなたの引越し予定日によって決まります。業者の料金は時期や、祝祭日か平日なのか、午前中か午後なのか、などによって大阪-東京間の一人暮らし・単身引越し 費用はかなり変わるものなのです。

繁忙期を避ける【引越しをお得に】

単身での引越しとなると、だいたいは3~4月頃に予約をするのが多いでしょう。この時期になると、高校や大学を卒業し、一人暮らしなどで新生活をスタートさせる人が多くなるからです。そのため、この時期は引越し業者にとっても稼ぎ時、繁忙期に当たるのです。繁忙期ということは、予約が殺到して場合によっては予約でいっぱいになることもあるのです。

そのため、引越し業者ではこの時期はだまっていても仕事がたくさん舞い込みます。ということは、何も割引してまで客集めをしなくて済むのです。ですので、繁忙期は引越しをする人からすれば、高い価格で引越ししなければいけなくなるのです。

逆を言えば、繁忙期以外の時に引越しをすれば、いろいろな割引をしてくれる可能性があるのです。そのため、できるだけ繁忙期は避けるといいでしょう。とはいえ、やはり新生活のためには繁忙期だとわかっていても、3~4月に引越ししなければいけないでしょう。

そんな時にはせめて、3~4月の平日、大安を避けて予約しても若干安くなります。単身引越しのいいところは、自分の都合だけで引越しができる点でしょう。そのため、自分がいい時で繁忙期を避けられる日程を組むといいかもしれません。

ただ、通常の引越しとは異なり、単身引越しパックの場合には、平日、土日祝日にかかわらず同料金の引越し料金の場合もあります。もし、そういう引越し業者ではなく、日取りで値段が変わるような仕事をしていれば、繁忙期を避けるようにスケジュールを組むといいでしょう。

引越し日を業者に任せる

42f17b9078b77593d57427289a5cf0de
一人暮らしの引越しは、高校を卒業して遠くの大学に進学した、もしくは高校、大学を卒業して地元以外の会社に就職をした、または会社の異動で単身赴任や転勤を命じられた、というケースの場合が多いでしょう。そのため、時期的には3~4月に集中してしまいます。そのため引越し業者でも3~4月が一年の位置で一番忙しい時期なのです。

とはいえ、毎日朝から晩までびっちり予約で埋まっている、とは限らないのです。それは引越しをする人の予定が関係してくるからです。繁忙期でありながら、その日、その時間によっては仕事がないスタッフも出てきてしまいます。もちろん、引越し業者の理想としては、朝から晩までスタッフに働いてもらうのが理想でしょう。

そのためには、予約の空いた時間に、少しでもお客様をこなしたいのです。とはいっても数時間で大家族の引越しを請け負う訳にもいきませんし、そうなるとスタッフが足らなくなります。そんな時には、2~3人のスタッフで短時間で作業が終わる単身の引越しが業者としては都合が良いのです。

そうは言っても引越し業者でもいつ空き時間ができるのかは間近にならなければわかりません。そのため、引越し日を引越し業者に任せると、割安で引越しをしてくれる場合もあるのです。

もちろん引越し日を任せる、といっても、3~4月の内のいつでもいいというのでは、梱包作業や引越し先の手続き、学校、仕事の面でも不都合が生じます。

引越し業者に任せる場合でも、指定した日の前後数日ということになりますから、そういう心配もありません。特に学生さんなど平日でも昼間でもいつでもいいという人は、業者任せにするといいかもしれません。

一括見積もりを使う【引越しをお得に】

単身の引越し費用をお得にするためには、複数の引越し業者から見積もりをとり、比較してみたり、時には値引き交渉やサービスの交渉をしてみるのもひとつの方法です。ですが、その方法のデメリットとしては、複数の引越し業者と交渉を行うために、どうしても時間がかかってしまうということです。

今はインターネットの各引越し業者のホームページ上から見積もりを申し込むことができますが、それを複数の引越し業者に1社ずつおこなうのは非常に時間がかかるものです。24時間できるのではありますが、それでも1日で一気に申し込むのは大変な作業になるでしょう。

万が一、申し込みに手間取ってしまい、もしくはなかなか時間が無くてすべての引越し業者に申し込むのに何日もかかってしまうと、場合によっては予約でいっぱいになってしまうこともあるのです。特に単身の引越しと言うと、進学や新卒就職の場合が多く、たいていは3~4月の引越しとなるでしょう。3~4月は引越し業者も繁忙期にあたるため、前日には予約ができたのに、次の日にはいっぱいになってしまった、というケースも少なくないのです。特に格安の単身引越しパックはすぐに予約でいっぱいになります。

1日でも早く、そして複数の引越し業者から見積もりをとるには、1度の入力で複数の引越し業者に見積もり依頼ができる一括見積もりサイトを利用するといいでしょう。入力するもの一度だけですし、そこにある引越し業者をチェックするだけですから、とても簡単です。手間もかからず、そして早く予約ができる上に、安くできる可能性があるので、まずは試しに利用してみるといいでしょう。

安い引越し業者を早く!ラクに!確実に!探したい方は、【無料一括見積サイト】を要Checkデス☆^∇゜)

37963f516245a6e225e6f544a18e04eb

大阪⇔東京間の引越しで自分だけ損をしたくないのなら!
引越し侍公式サイトへ >>> Click!!